top of page

お金の教育いつから?しょうがくせい

今回はどうして私たちは新しいことに挑戦できるはずなのに、挑戦できないのか?沢山の人達が成功したい。と思っているのに、どうして1割の人間しか成功できないのか?についてオリバー・バークマン氏という方の著書「HELP」の中で引用している論文をもとに説明していきます!


成功したいと思っていてもなぜほとんどの人が挑戦出来ないのかというと、人間の性質が新しい考え方や概念、不確定なものを嫌うようにできているからです。頑張って受け入れて挑戦しようとすると恐怖心がわくようになっています。なぜなら、人間はもともと進化の過程で新しいものに挑戦すると「死ぬ」可能性が高かったからなんです。私たちが今食べているものが安全かどうか?この薬はあの病気に効くのか?など新しい発見が見つかると共に多くの犠牲をはらってきました。だったら新しいものは挑戦しない方がいいのでは? と思われるかもしれませんが、人間の脳は新しい環境を受け入れることによって創造力や計画性が向上してくと言われています。これからの時代、成功する為には創造力が鍵となっています。この性質を理解し、今まで挑戦しなかった事にチャレンジしてみると良いですね(。•̀ᴗ-)و ✧最後に、どうしてユニバリスト式キッズファイナンス教室には平均よりも学習能力が高いお子様に選ばれるのか?をご説明したいと思います。日本では「子どもがお金の勉強をする」といっても、聞き慣れないひとが大多数です。ですから、ほとんどの人が必要とは分かっていても、新しい考え方に対して無意識のうちに悪いイメージを持ってしまったり、遠ざけてしまう傾向にあるんです。もう分かりますよね?なぜキッズファイナンス教室を選ばれる保護者の方がこの教室を選ぶのか??


それは、子どもたちに成功してほしい。という気持ちが強いこと。です。成功するためには周りがやっていることをやっていても成功しません。それは「皆がこれをやれば成功する」と信じているものが、間違っているからです。みんなと同じ行動をとれば生存率は上がりますが、今の時代成功したいのであれば「皆が信じているものに疑問を持って、自分なりに頭を使って行動している人が成功します。」先ほどの人間の性質を思い出してください。人間は無知なもの新しいものは、どんなに想像的でクリエイティブなアイデアでも無意識に遠ざけ、すでに効果が確認されているモノや慣れ親しんでいるものを好み、本当に効果があるものでも無意識に受け入れられずチャンスを逃してしまうのです。お金の教育は決して先進国では新しいものではありません。すでに欧米では幼稚園から家庭や学校で教えられているライフスキルを上げる学問です。お金の教育は一生使える教育だからこそ、成功してほしい。と願う保護者の方に選ばれているのだと思います。


有難いことに、全国からキッズファイナンス教室の生徒様が受講を決めてくださるようになりました。マンツーマンレッスンをこれまで主にやって参りましたが、より多くの生徒様に低価格で気軽にお金の教育を始めていただけるよう月額3000円のグループレッスンをご用意致しました。ぜひ、この機会にキッズファイナンス教室でお金の教育をスタートしてみてください。


無料体験レッスンの申し込みはこちらhttps://kidsfinance.stores.jp/items/62a433455c69874dad2bf30a


★お金の教室【キッズファイナンス教室】HP➡️https://univeristschool.wixsite.com/home

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

クレジットカードは何歳からつくれる?金融教育の必要性。

クレジットカードのキャッシング機能が学生でも使用可能なのかご存知でしょうか? そもそもキャッシングってなに?かというと【クレジットカード会社から利用限度額の範囲内で金利を払うことによって、お金を借りられるサービスです。】 え?学生のうちからローン?こわい。と思われる方が大半ではないでしょうか。 その通りです。 金融教育が遅れている日本では、金利とは何か?クレジットカードの仕組み、キャッシングの意味

Comments


bottom of page